中古ドメインで失敗しない為に知っておくべきこと

ウェブサイトを作るときに使いたい中古ドメインですが、中古ドメインは以前どのように使われていたのか、どんなサイトだったのかがわからないというデメリットやそれに伴うリスクがあります。使う前には事前に知っておくことが大切です。

windows10でも解析できる中古ドメイン

中古ドメインはただ利用しただけでは効果がでないばかりか、サイトの価値を下げる場合も少なくないので利用する場合は事前調査が重要です。中古ドメインの解析方法は主に3つあります。1つはサイトの利用実績を調べます。サイトの利用実績は2つの方法で調べます。1つは無料で使えるサイトの利用実績調査サービスを使います。ドメインをいれるだけでどのようなサイトが作られてきたか、いつから運用されているかが分かります。複数で利用されている場合も分かるので是非調査しておきたいポイントです。また、グーグルでサイト検索をします。サイトがなくなっていても当分の間残されていますので最後にどのような状態でインデックス化されているのかが分かります。グーグルに情報がない場合は新規として考えてもよいです。2つめはスパムチェックをします。ウイルス入りであったり、スパム広告ばかりのサイトをまとめたサービスがあります。これらに載っているサイトは利用しないほうがよいです。サイトの価値を落とす最大のポイントでもあります。また、Googleではそもそも載せてくれないケースも多いです。3つめはメールアドレスでブラックリストに載っていないことを確認します。ドメインはメールでも利用されますのでブラックリストに載るようなドメインは危険です。直接ウェブサイトの価値が下がるわけではないのですが、検索サイトによってはブラックリスト入りのサイトを載せないケースも多いので注意したいところです。これらの調査方法はwindows10でも十分使えます。windows10の場合BINGと連動していることも多いですが、利用者が多いのでBINGでドメイン検索をして内容を確認しておくのも重要です。また、各種SNSでの調査も重要です。SNSでの調査は2つのポイントがあります。1つはドメインで検索してみてどの程度リンクが使われているかです。ドメインの価値はバックリンクも重要ですが、SNSからのリンクも重要視されています。数多くのリンクが貼られていれば価値が大変高いサイトと考えて良いです。また、リンクとともに一言つけられている場合もありますので好意的に考えられているかも調べておくと良いです。SNSでのリンクでは実際にリンクをした方のプロフィールを見ておくと良いです。サイトを作る際に参考になりますし、サイトでペルソナを設定する際も人物設定において重要な情報となります。