優れた効果を持つビタミンC化粧水の使い方

昔からビタミンCには美肌効果があることで有名ですが、最近多く見かけるようになっているのですがビタミンCの浸透率を良くして安定性を高めた成分であるビタミンC誘導体です。

肌につけるとスーッと馴染むのが特徴であり、角質層の奥の真皮層まで届けることができます。


浸透するとメラニン色素が作られるのを防いだり肌中のコラーゲンの生成を促してくれますので、シミやくすみ、潤い対策に大きな効果が期待できます。

ビタミンCの化粧水について分かりやすくまとめてあります。

化粧水に含まれる場合、実はいくつかの種類があってAPPSは水と油の両方に親和性を持つタイプです。
多くの化粧水に採用されていますが、安定性はそれほど高くないので高濃度では含まれません。
刺激が小さいために敏感肌の人にも使えます。



リン酸アスコルビル酸NaはAPPSと比べると効果は劣りますが高濃度での配合も可能なタイプであり、アスコルビン酸グルコシドは高い安定性と持続力が大きなメリットです。テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは水とは混ざりませんので化粧水には利用されません。



どの種類も浸透力に優れていて即効性が得られる成分となっていますが、乾燥しやすいという側面もあります。

線維芽細胞を刺激することで肌の保湿に関わるヒアルロン酸やコラーゲン等の成分を作り出すように働きかけますので保湿効果もあると勘違いをする人もいますが、ビタミンC自体には保湿作用がありませんので化粧水を選ぶ時には保湿作用を持つ成分が一緒に含まれているものを選ぶと安心です。