中古ドメインで失敗しない為に知っておくべきこと

ウェブサイトを作るときに使いたい中古ドメインですが、中古ドメインは以前どのように使われていたのか、どんなサイトだったのかがわからないというデメリットやそれに伴うリスクがあります。使う前には事前に知っておくことが大切です。

中古ドメイン貼りは楽天ソーシャルニュースにも載る

中古ドメインの効能はさまざまありますが、意外と知られていないのが楽天ソーシャルニュースにも載りやすくなるということです。もちろん、中古ドメインを使っただけでは意味がないのですが、中身がよかったのに掲載されないサイトが多いなか、中古ドメインを使った新規サイトがいきなり載ったなどということもよくあります。
中古ドメインを貼りつけることでの効能は主に3つあります。1つは信頼性が増すということです。サイトの信頼性はバックリンクの数や検索サイトでの表示順位などがありますが、これらはすぐに作れるものではありません。ツールなどで作ったとしてもすぐに見破られてしまうケースが多く注意したいところです。そのため、古くから使われていて、バックリンクがあるドメインは貴重なのです。2つめはグーグルなどでの評価が高いことです。バックリンクとは違ってグーグルなどの検索サイトの表示順位が高いドメインは裁定されるまでに時間がかかることが多いです。コンテンツの良さが重要になっているので中身も問われてしまう時代です。中古とはいえ、一度上がった評価はそのまま継続される期間が長いとも言われており、検索サイトからの評価が高いドメインを探している方はとても多いです。3つめはSNSでの評価です。バックリンクとも似ていますが、急速に注目されてるようになったのがSNSでの評価です。検索サイトでの評価は時間とともになくなっていきますが、SNSでの評価は残り続けます。特にTwitterやFacebookなどでは検索もよくされることから過去に話題になったサイトはまた人気が出やすいのです。そのため、各検索サイトでもSNSでのリンクを大事にしてきており、新規サイトを作る上でもこれらのリンクはとても大事です。
中古ドメインはサイトの価値を最初から上乗せしてくれる効果があります。楽天ソーシャルニュースなどのようにサイトの価値を広範囲にわたって見ている場合は特にサイトの価値が重要です。コンテンツがしっかりしているのになかなか注目を集められない場合はドメインの価値を見てみると良いです。最悪なのはブラックリストに載っている場合です。今のサイトは問題なくても過去にブラックリスト化されている可能性があります。また、アダルトサイトで利用されていた場合にも評価が一気に落ちる傾向があるのでサイト履歴を見られるサービスやメールのブラックリストを確認できるサービスを利用して確認しておきたいところです。