中古ドメインで失敗しない為に知っておくべきこと

ウェブサイトを作るときに使いたい中古ドメインですが、中古ドメインは以前どのように使われていたのか、どんなサイトだったのかがわからないというデメリットやそれに伴うリスクがあります。使う前には事前に知っておくことが大切です。

中古ドメインをうまく抜ける具体例について

中古ドメインをうまく新規サイトに適用させることができればサイトの立ち上げで大きなアドバンテージとなります。中古ドメインの効果は良いことばかりではありませんが、うまく抜けることでサイトの価値を上げようと頑張る方が増えています。具体例としては新規の商品紹介について事例をまとめます。商品サイトでは商品を知ってもらうことが最優先されますが、知名度がなければサイトのPVも上がりません。そこで中古ドメインの活用を行います。中古ドメインを利用することで2つの知名度が得られます。1つは一般的な知名度、2つめは検索サイトでの知名度です。一般的な知名度では各サイトごとのリンクやSNSでのリツイートやいいねなどでの紹介があります。特にSNSでのリンクは半永久的に残るので価値があります。ただし、可能な限り同じカテゴリやクラスタでのリンクが重要です。商品に関心がない方へのリンクは意味がないことが多いです。旧サイトのコンテンツについてはサイト履歴を確かめられるサイトを使えばチェックできます。似たようなコンテンツを扱っている中古ドメインを利用することが重要です。2つめは検索サイトへの知名度です。こちらについてもバックリンクが重要ですが、コンテンツ自体のインデックスかも重要です。カテゴリが同じなら古くから作られているインデックスが有効化されることが多く新規コンテンツであってもすぐに上位表示されるケースが増えています。上位表示はPVの増加につながります。ただし、検索サイト側のアルゴリズムが変わっていることもあってコンテンツがしっかいしており、滞在率が上がっているサイトでないと検索表示順位が上がらないケースが増えています。過去のコンテンツの順位は活かされるのは最初だけなので維持できるようなコンテンツの充実は必須です。また、相対パスで作っているサイトを引き継ぐことをおすすめします。相対パスでないと新規サイトで手作業が増えますし、切れたリンクは価値がありません。各SNSでも検索されて見に来てくれる場合が多いですからリンクを活かす努力が必要になります。また、検索サイトでのキーワードも重要です。ドメイン検索をした際に上位表示されるのが注目されているキーワードであり、コンテンツに活かすことでより上位表示が可能になる可能性が高まります。コンテンツの充実は重要ですが、ペルソナの設定も含めて過去のサイトを研究することも重要です。