中古ドメインで失敗しない為に知っておくべきこと

ウェブサイトを作るときに使いたい中古ドメインですが、中古ドメインは以前どのように使われていたのか、どんなサイトだったのかがわからないというデメリットやそれに伴うリスクがあります。使う前には事前に知っておくことが大切です。

中古ドメインでサイトを組むルールについて

中古ドメインを利用してウェブサイトを作る方が増えています。ただし、ルールをしっかり守って構築しないとうまく検索サイトで評価されなかったり、逆にインデックスすら作られないサイトとなる可能性もあるので要注意です。基本的なルールの1つめはコンテンツ量です。ドメインを設定するとすぐに検索サイトからロボットがやってくることが中古ドメインでは多くなります。しかし、コンテンツ量が少なければサイトの価値が下がる傾向が強いです。コンテンツを揃えられるなら揃えてからドメインを付けることをおすすめします。また、ドメイン設定後は頻繁に更新をかけてインデックスされやすいようにしたいところです。2つ目のポイントは中古ドメインの選び方です。中古なら歴史があって組むのも簡単と思われがちですが、選び方によってかなり評価が変わってきます。重要なことはスパム、アダルトサイトでないことです。スパムサイトを一度でも経験しているドメインは検索サイトだけではなく、メールでもブラックリストに入っていることが多いです。そのようなドメインはコンテンツがしっかりしていてもインデックス化されない傾向が強くなっています。また、ロボットすらきてくれないことも多いです。事前にドメインの利用履歴は調べられますし、スパム判定してくれるサイトも多数あります。スペルがいいからといって安易に選ぶのは大変危険です。アダルトサイトについては同種のサイトを作るなら問題ありません。アダルトにもカテゴリがありますのでできれば同じカテゴリで利用されてきたドメインが理想です。アダルトでの利用を気にしないという方も多いのですが、ドメインは誰でも調べられますし、いらぬ誤解を招かないようにしたいものです。また、利用歴については年数も重要です。出来る限り古いことがいいのですが、利用されていない期間が長いと価値は下がってしまうことが多いです。必要なドメインは定期的に利用されているバックリンクの多いサイトです。バックリンクについても調べるサイトが増えていますので簡単に調べられます。中にはSNSでの利用率なども表示してくれるサービスもあり、選択のときに使えます。ドメインは一度設定したら長く使うものです。中古ドメインであってもその後はずっと使い続けることが多いですから、最初にしっかり選択をし、コンテンツを充実させて成長させていくことがSEO的にも重要になってきています。