中古ドメインで失敗しない為に知っておくべきこと

ウェブサイトを作るときに使いたい中古ドメインですが、中古ドメインは以前どのように使われていたのか、どんなサイトだったのかがわからないというデメリットやそれに伴うリスクがあります。使う前には事前に知っておくことが大切です。

ツイッターのリンクの中古ドメインはbingで使える

bingは検索サイトとしてグーグルに並ぶ利用者がいると言われることも増えており、SEOの対象としても注目されています。特に新規サイトを作る場合はグーグル対応だけでなく、bingにも効果的に対応するためにさまざまな方策が取られるようになりました。その一つに中古ドメインの利用があります。中古ドメインを利用すると検索サイトでの表示順位が上がったり、バックリンクが増えるのでPVが急激に上がるなどの効果が期待されています。検索サイトでのサイトの評価はインデックスとして現れますが、各検索サイトでドメイン検索をすればその時点でのインデックス数がわかり、どのようなカテゴリでインデックスが作られたか、どの程度のインデックスが作られているか、表示順位などが分かります。高い評価を受けたサイトは増えていきますし、評価されていないサイトやペナルティを受けていれば0という場合もあります。インデックス化されていないと検索結果に出てきませんので注意が必要です。中古ドメインは早い者勝ちで買える場合が多いですが、アルファベット綴ばかりチェックせず、各検索サイトでの評価を見ないとドメインの価値はわかりませんし、PVにも繋がりません。また、ペナルティを受けたドメインを引き継いだ場合、長く検索結果に表示されないので要注意です。ペナルティかどうかはドメイン履歴を見られるサービスで分かります。履歴はサイトのキャッシュも入りますから履歴があるのに検索サイトに表示されない場合は要注意となります。またメールアドレスはスパム配信などでブラックリストを管理している団体があり、無料でブラックリストに入っているかが分かります。ブラックリストに入ったドメインは多くがペナルティ扱いとなるので検索サイトで表示されないことが多く、使いづらいドメインとなっています。中古ドメインはバックリンクを持っているのも価値があります。ツイッターやFacebookなどでのリンクはツールで作れますが検索サイト側でペナルティ対象となります。長く運営されたサイトはバックリンクが多くなることが多く、ドメインの価値が大きく上がります。新規サイトでもパスの作りを同じにすることでバックリンクを引き継げることになり、PVが増えるきっかけとなります。パスについては相対パスになっているドメインを探すことでCMS側で対応でき、コンテンツを追加するだけでリンク対応となるので便利です。