中古ドメインで失敗しない為に知っておくべきこと

ウェブサイトを作るときに使いたい中古ドメインですが、中古ドメインは以前どのように使われていたのか、どんなサイトだったのかがわからないというデメリットやそれに伴うリスクがあります。使う前には事前に知っておくことが大切です。

中古ドメインの被リンクをSEOに利用する

中古ドメインのイメージ画像中古ドメインには、過去の運用実績と被リンクという、二つのメリットが付いています。
運用実績とは、実際にサイトと関連付けられて使われていたり、そのサイトで獲得された訪問者数等を指します。
全く新しいドメインと、数千人以上のユーザーを獲得している中古ドメインでは、価値に雲泥の差があるといえます。
逆に、評判を落として価値を下げたり、訪問者が増えなかったことも実績になるので、中古ドメインは必ずしも優れた運用実績のものばかりではありません。
しかし、良質な中古ドメインを選べば、単なる運用実績だけではなく、豊富な被リンク数が得られる可能性があります。
これから購入を検討する場合は、過去の実績を調べてみたり、被リンク数を具体的に検証してみることがおすすめです。
ドメインの売買サイトでは、商品価値を判断する指標として、販売者自身が実績を公表していることがあります。
ただ、情報は客観性が不可欠なので、直接的な情報だけに頼らず、他のデータを参照することもポイントです。
本当に被リンク数が多く、それが数百から数千に達するのであれば、短期間でSEO効果が得られるチャンスに変わります。
数件の被リンク程度なら、SEO効果はないにも等しいですが、100を超えれば新規取得ドメイン以上の価値が発生します。
勿論、リンク元自体の訪問者数が少なかったり、知名度や評判が低ければ、その影響を受けてSEOで使える価値も減少するでしょう。
大切なのは、中古ドメインを比較して検討する際に、今現在どれだけの価値を持っているか判断する点にあります。
被リンク数と知名度、過去のクリーンな運用実績の三つが揃えば、後は価格を見て購入を決める段階です。
反対に、どれか一つでも欠けていると、購入価値はグッと減りますし、SEO目的で役立たなくなる懸念が生じます。
ドメインは形を持ちませんが、ある意味で生物っぽさがあり、流動的に価値が変化する特徴を持っています。
購入の判断に必要な価値は、過去一日や二日の運用で定まるものではなく、長期的に運用されてこそ確固たる評価に結び付きます。
長期的に運用されていた、これも判断指標の材料になりますから、長く使われ価値を持っていることが、SEO効果を引き出すヒントになるでしょう。
1年未満のドメインを候補から除外して、被リンク数100以上を目安に絞り込みを行えば、理想的な商品に出合える確率が上昇します。
SEOにドメインの価値を採り入れたい時は、重要なポイントが押さえられていて、費用対効果が高まる商品を手にすることが大切です。

中古ドメインのデメリットとリスク

中古ドメインのデメリットとリスクについて考える男性WEBサイトの初期アクセス数を大幅にアップさせる、中古ドメインの導入を検討している方は大勢いらっしゃると思います。
何より、高ページランクの引き継ぎ、被リンクの引き継ぎは大きな魅力。
初期フィルターが解除されているので、Google検索エンジンから正当な評価を受けやすいのもメリットとして大いに活用したいところです。
しかし、メリットもあればデメリットもあるのが世の常。
特に中古ドメインはメリットに対してのデメリット・リスクが大きく、ハイリスク・ハイリターンであるという習性を理解しておく必要があるので注意です
まず、デメリットとして挙げられるのは新規ドメインよりはるかに高額であるということ。
冒頭で述べたメリット分の料金が上乗せされていると思えば良いでしょう。
時間をかけてアクセスアップ、SEO対策を施していったり、サイトともにドメインを成長させていくものですが、その時間と手間をお金で買う、というイメージです。
しかし、デメリットとは別に存在する、中古ドメインの最大の難点が検索結果上位から突然突き落とされて圏外へとランクダウンするというリスク・危険性をはらんでいる点です。
前述のような、以前のドメイン所持者の功績を引き継げるものの、Googleの検索エンジンがサイトが正当に受けた評価、上位表示すべきページではなく、他から持ち越したものであると判断した場合、一気に検索結果のランキングが下降する恐れがあります。
検索エンジンの仕組みとして、「ユーザーが検索時に求める最適解に近いものを、検索結果の上位に表示する」というものが挙げられますが、本来はその仕組みに乗っ取って、分析・把握しながら徐々に自サイトに反映させていくのが正攻法です。
しかし、言わば違法とはいわなくてもドーピングのような効果を用いてアクセスアップを図っているわけですから、いつランクダウンするか分かりません。
そして、一度圏外へと落ちてしまうとそこから這い上がるのが非常に大変です。
その苦労を考えたら、新規ドメインで一からコツコツ積み上げて行った方が労力は少ないかもしれません。
また、中古ドメインの前回保持者がなんらかのペナルティを受けていた場合も、いきなり圏外へと追放されてしまいます。
こちらも這い上がるのは絶望的です。
ただ、こちらの場合は事前に簡単に調べることができるので、購入する前に必ずチェックしておき、こういった事故を未然に防ぎましょう。

良い中古ドメインを見つけるコツ

良い中古ドメインの見つけるコツを知っている男性いい中古ドメインを見つけるには専門サイトで販売されているものの中からドメインを検索して購入したほうがいいといわれています。
この理由としてはきちんと現金払いされているという信頼があるということが挙げられます。
しかしドメイン自体のクオリティに大きな差があり、それは購入してみないとわからなかったりサイトによってはクオリティのいいものを販売していなかったりすることからギャンブル要素も強いとされています。
しかし、サイトは登録制になっているので探したり取引したりするといった面では安心できるでしょう。では良い中古ドメインを探すにはどういった点に注意すべきなのでしょうか。いいものというのは新しいものに多い傾向があります。
セキュリティがしっかりしているとスパムなどにならなくていいのでその点安心してドメインを使用できます。
また運営しようと考えているサイトとジャンルが近いコンテンツを選ぶことでアクセス数を稼ぐことができるそうです。
また前述で販売サイトの紹介をしましたが、このようなサイトではドメインをまとめて購入することで割引されたりするサービスもしています。
良いドメインというもの程、早く売り切れてしまう可能性があるので早めに目星を付けておいて購入することをおすすめします。
また販売サイトで評価の高いものであっても実際はそうでもなかったという場合があります。
そういったときの場合に、事前に自分でもドメインについて安全かどうか調べておく必要性があります。
その方法としては中古ドメイン検索専門サイトで検索するか、ウェブ検索にかける方法が早くて手軽にできます。
専門サイトで調べる方法も無料でできるということですので、もし購入する前に心配だという人がいましたら、是非検索してみてください。
また被リンクについて確認する作業も重要になってきます。
被リンクとはそのドメインを使用していた時にどのくらいアクセスがあったのかということを見やすくしたものです。
しかしこれもあくまで目安にしかなっていないので購入時に参考にするしかありません。
しかしこの数字が高いほど、ウイルス感染しているとかスパムにかかる可能性なくなることも考えられますので、良い中古ドメインを探すことが可能になるのではないかといわれています。
もし中古でドメインを探そうと考えている人がいましたら、是非参考にしてみてください。
中古のものほど、セキュリティ対策をしっかりするべきだといわれているのでその点も購入したら気を付けてください。